犬フィラリア症予防

犬フィラリア症予防

犬フィラリア症の予防について

犬フィラリア症(犬糸状虫症)とは、蚊が媒介する、犬で有名な伝染病です。きちんとした予防により、発症を防ぐことができます。

フィラリアの幼虫が、蚊によって犬から犬へと運ばれてしまいます。フィラリア幼虫はとても小さく、蚊が吸血するとき、一緒に犬のからだの中に入ってしまうのです。フィラリアは、動物の体内を移動しながら成長し、やがては肺の動脈に到達し、成虫になります。肺の動脈に寄生したフィラリアは、咳や呼吸困難などの肺や心臓に起因するさまざまな症状を引き起こし、最悪の場合動物を死に至らしめます(フィラリア症)。

フィラリア症を発症した場合は、注射や手術などで治療を試みることになりますが、それらの治療には危険や負担が伴います。そのため、フィラリア症は、発症させないように予防してあげることがとても重要なのです。

 

また、近年、猫のフィラリア症も注目されています。

猫のフィラリア症も犬と同様に、蚊によって媒介され引き起こされます。ただし、犬と異なり、猫のフィラリア症は発見がとても難しいのです。症状も犬と異なり、咳や呼吸困難だけでなく、食欲不振や嘔吐などのあいまいな症状を呈することもあります。最悪、突然死を引き起こすことさえあるのです。診断法、治療法も確立されていない難病ですので、予防することが、唯一の防護手段となります。

 

予防方法には、おやつタイプのお薬を毎月1回投与していただくことが一般的ですが、その他に滴下タイプのお薬や注射薬もございます。それぞれ料金が異なりますので、お気軽にお問い合わせください。

ワンちゃんでは、フィラリア予防のシーズンになると、予防薬を投与する前にまずフィラリアが寄生していないことを確認する必要があります。フィラリアに寄生されている犬に、知らずに予防薬を投与した場合、アレルギー反応が引き起こされてしまう場合があるからです。重症例では、アナフィラキシーショックを起こして危険な状態に陥る可能性すらあります。フィラリア症にかかっていても、初期や軽症であれば症状が出ていないこともありますので、「症状がないから感染していない」とは判断できません。少量の血液で、正確な検査が可能ですので、フィラリアにかかっていないこと投薬開始前にきちんと確認することが大切です。ネコちゃんでは、犬と比べて正確な検査が難しいため、検査を行わずに投薬を開始しています。

フィラリア

予防期間

月に1回投与するお薬:5月から12月くらいまで

ワンちゃんでは、1回注射するだけで1年間効果が持続する注射タイプのお薬もございます。

 

蚊の活動が活発になる春から予防を開始します。具体的には、蚊が活動を開始し始めた1ヵ月後から投薬を開始し、蚊が見られなくなってからの1ヵ月後まで投薬を行います。

フィラリア症の予防薬は、フィラリアが体内に侵入するのを防ぐ薬ではありません。体内に入った幼虫を駆除するお薬なのです。蚊が吸血したとき、蚊の中にいるフィラリアの幼虫が犬や猫に入りますが、すぐに心臓に寄生するわけではなく、心臓に到達するのには時間がかかります。体内に入り込んだフィラリアの幼虫は、1ヵ月であれば動物に悪さはしません。1ヵ月間隔で定期的に予防薬(駆除薬)を投与することで、それまでの1ヵ月間に入ったフィラリア幼虫をまとめて駆除することができるのです。12月くらいまでお薬が必要な理由はそのためです。例えば蚊が少なくなったからといって、10月の投薬でそのシーズンの予防を終わりにしてしまったとします。11月に蚊にさされて(*)、フィラリアの幼虫が感染してしまうかもしれません。入り込んだ幼虫は駆除されることなく成長していってしまいますので、最終的には心臓に寄生されてしまうことになります。

*2019年の横浜では、11月8日までフィラリアを持った蚊が飛んでいたというデータがあります。フィラリアを持った蚊がどのくらいの時期まで発生しているかは、その年の天候や温暖化、異常気象の影響から大きく変動します。当院では、過去のデータを参考にして5月から12月までの予防をおすすめしています。

当院で処方するお薬

【犬】イベルメック(チュアブルタイプ) 犬フィラリア症、お腹の虫(線虫)
【犬】ミルベマイシン(錠剤タイプ) 犬フィラリア症、お腹の虫(線虫)
【犬】ネクスガードスペクトラ(チュアブルタイプ) 犬フィラリア症、お腹の虫(線虫)に加え、ノミ・マダニにも対応。
【犬】プロハート(注射タイプ) 犬フィラリア症。年1回の投薬
【猫】ブロードライン(滴下タイプ) フィラリア症だけでなく、ノミ・マダニ、お腹の虫(線虫、条虫)にも対応。
【猫】レボリューションプラス(滴下タイプ) フィラリア症だけでなく、ノミ・マダニ、お腹の虫(線虫)、耳ヒゼンダニにも対応。

ページトップ